現在、車両の盗聴器調査が不便|盗聴器発見業者のつぶやき

** サイトマップ **

朝顔
盗聴天国ニッポン

盗聴器盗撮カメラの調査発見のご依頼には、迅速対応、全国出張いたします

« 盗聴器に関する法律、資格をまとめました | メイン | 事故の決着 »


現在、車両の盗聴器調査が不便

先日、調査に出かけてる時に使ってる車をぶつけられてしまいました。
それで、現在、代車を利用しているのですが・・・・

 
先日、車両に取り付けられた盗聴器の調査依頼がありました。
 
調査で使う機材の中には、交流100Vが必要なものも多いのですが、駐車場などで、車両の盗聴器調査を行う場合は、DC12VーAC100Vコンバーターを用いて、シガーライタソケットから電源をとるのですが・・・・
 
コンバーターというのは故障が多いので、通常、1台のコンバーターを車に積みっぱなしで、予備にもう一台積んでいるのですが、代車の中には予備の1台しか積んでません。
いつもの1台は、修理工場の車の中。
もしものことを考えて、取りに行きました、修理工場まで。
 
さて、通常の車両調査の場合、自分の車の3列シートの2列目を反転して、お客様と相対して説明を行い、調査も自分の車の中で行うのですが、今使っている代車は非常に小さい。
打ち合わせも、なんだか落ち着かないのですが、問題は実際の調査。
お客様の車の中に乗り込んで行うのですが、いつもは、機材と相対してやっているのですが、その日は、機材と隣り合って・・・。
変な体勢でしなければいけません。
調査自体の精度が下がる訳ではありませんが、体が疲れます。
 
やはり、一日も早く、自車が戻ってきて、ゆとりを持って調査したいものです。



blunk