盗聴器らしき音がする|盗聴器発見業者のつぶやき

** サイトマップ **

朝顔
盗聴天国ニッポン

盗聴器盗撮カメラの調査発見のご依頼には、迅速対応、全国出張いたします

« よくある思い違い、思いこみ | メイン | 車も大事にしないと... »


盗聴器らしき音がする

これは、調査依頼者様のよくある思い違いです。
調査現場で、「なぜ、盗聴器が仕掛けられてると思われますか?」と、お聞きすると・・・・

 
「壁から(あるいは特定の何か)から音がするんです」
という答えが返ってくることが多いんです。
 
 
"機械"として盗聴するための機能を持ったものを作れば、音のでないものが出来上がります。
それを、わざわざ、音が出るように改造しなければ、音は出ません。
 
しかし、盗聴器というのは、相手に悟られずに、話し声を聞くためのものです。
 
それを、わざわざ音が出るように改造するでしょうか?
音が出るようにするためには、それなりの電気知識が必要な上、盗聴器自体も大きくなります。
人間の耳に聞こえるくらいの音を出すためには、アンプ、スピーカーとそれだけで、通常の盗聴器より大きくなります。電気も食います。
 
それを知っていれば、聞こえる音が盗聴器のものでないことはわかります。
 
 
つまり、
 
「音が出ているから盗聴器がある」
「音が聞こえないから盗聴器はない」
 
と言う判断は、大きな間違いなのです。
 
 
最近の盗聴器は、精巧に出来ていて、仕掛けられても、日常気が付く程度の物理的な兆候というのは、現れないのが一般的です。
 
だからこそ、盗聴器が仕掛けられても、皆さん気が付かないのです。
 
どうか皆さん、誤った知識、思いこみに振り回されないようにしてください。 
 
 
これからも、このような、誤った知識について、 
解説していこうと思います。
 



blunk