熱帯魚、その後...|盗聴器発見業者のつぶやき

** サイトマップ **

朝顔
盗聴天国ニッポン

盗聴器盗撮カメラの調査発見のご依頼には、迅速対応、全国出張いたします

« 電磁波攻撃 電波障害 | メイン | アドバイスの仕方 »


熱帯魚、その後...

以前、熱帯魚を飼い始めましたと書きました。あれから、1年半...

 
 
多くの失敗をし、試行錯誤の末、水槽内も安定してきました。
 
水質浄化方法も、上部フィルターから底面濾過に変え、水替えも2ヶ月に一度くらいでも、魚たちは元気です。
当初、飼おうと思っていた種類とは違う魚たちも入って、思い描いていた水槽とは、違った形になって、それはそれで楽しんでます。
 
そんな中、嬉しい様な困った様な......
 
グッピーが結構増えてきたのです。
グッピーは、卵でなく稚魚で産まれてくるので、割と増えやすい魚です。
そうはいっても、産まれたら隔離する、などの方法は取らずにいると、結構親や他の魚に食べられてしまうものです。
最初の内は、産まれても、生き延びるのは1〜2匹。
そんな感じでも、少しずつ増えていき、水草での隠れ家を増やしてやると、産まれてきた稚魚の多くがすくすくと育ちます。
 
で、気が付くと、かなりのグッピー達が....
 
増やそうと思って入れた国産グッピーは、どれも短命で、今泳いでるのは、最初は試しに、と入れた外国産グッピーのお子さん達のようです。
 
増えたのはいいのですが....
 
増えすぎて過密状態も、他の魚たちにとっても、余りよくありません。
 
 
そろそろ、引き取ってくれるなじみの熱帯魚屋さんに持って行こうかなと思っている次第です。
そこでは、他の引き取ったグッピー達は、展示用水槽レイアウトで元気に泳いでるようです。
 
 
でも、うちで生まれた子達は、どれも愛着あって、なかなか実行に移せないんですよねぇ。
 
 
 



blunk