盗聴器・盗撮カメラを“知る”ことが防衛の第一歩


あさがを右 あさがを左
まさか、盗聴?と思ったら...
電話マーク 042-771-2971 
メールフォーム

盗聴・盗撮

盗聴・盗撮

電話番号 042-771-2971
メールフォーム

盗聴大流行!?

盗聴?盗撮?ウチは大丈夫!!

		  
		  
		  

ごもっとも! そう思われるのは当然!・・・?

		
		

でも


 それは「うちは盗聴、盗撮についてはノーガード。誰でも盗聴盗撮自由」
 と言っているのと同じです。
  いつ盗聴盗撮されていても不思議ではありません。
				
		
  いや、もう既に・・・?

盗聴大流行?

 昨今、盗聴・盗撮にまつわるニュースや特集が報道されることが大変多くなっています。しかし、それらが自分のこととして受け止められることはほとんどありません。ところが、それとは裏腹に被害件数は信じられないくらい多くなってきています。いまや、誰でもが簡単に盗聴器を手に入れることが出来、「自分だけは大丈夫」という感覚は通用しない時代になってきています。

 
▽次へ|▲トップへ
主な使用目的

 盗聴器も盗撮カメラも元々は監視という防犯目的で研究開発されたものです。実際、そのような目的で数多くの監視用マイク・カメラが活躍しています。
しかしどの様な技術革新も本来の目的と違った分野で悪用されるのが常です。下表に示すように、盗聴器盗撮カメラは、悪用されることの方が多いのが悲しい現状です。

 
個  人
企 業 ・ 団 体
必 要














悪 質
  • 防犯(盗難、強盗、押し売り)
  • 乳児監視用
  • 痴呆性、徘徊老人管理
  • 子供のいじめ調査
  • 子供素行調査
  • 趣味、興味
  • 浮気調査、離婚時優位証拠
  • 財産相続時情報
  • ストーカー行為
  • 二次的に犯罪に利用
    (空き巣、強盗、パスワード情報)
  • 防犯(盗難、強盗、不法侵入)
  • 従業員監視
    (コンビニ、ベビーシッター)
  • 子供のいじめ調査
  • 内部調査(派閥、雇用者管理、
    組合、経営者特ダネ)
  • 株主総会対策
  • 談合
  • 選挙戦略
  • 競合会社調査
    (営業情報、新商品、
    新技術、顧客情報、スクープ)
  • ブローカー達による企業情報売買
探偵による顧客からの依頼情報収集

上に挙げた用途の内、特筆すべきものを幾つか挙げてみました。


趣 味

 これはたちが悪いです。盗聴される側には全く思い当たる節がない、何故と疑問に思うような盗聴です。
 奴らは、例えば次に誰が入るかわからない空室マンションに仕掛けたり、他人が仕掛けた盗聴器の電波を探したり・・・。奴らからすれば、ターゲットは誰でもいいんです。顔が見えなくっても、他人の会話を聞いて楽しんでいるのです。このようなヤカラが急増しています。もう、「まさか自分に?」は通用しない時代です。

浮気調査

 実は、秋葉原の某盗聴器販売店では、最も多い客は30〜40代のご婦人だそうです。勿論、目的は夫の浮気調査。私の所にも、時折、盗聴器を仕掛けて欲しい、という依頼が来ますが、まず、浮気調査です。興信所への依頼も人捜しと浮気調査が最も多いそうです。
 皆さん、浮気するときは要注意!! じゃなかった、浮気はやめましょう!!!

企業内部調査

 この中で多いのが、経営陣、或いは出世争い中のライバル達。とにかく、相手を蹴落とすためには手段を選ばず、という奴ら。ターゲットはライバルだけに留まらず、ライバルの家族にまで及び、登校拒否の娘、暴走族の息子など、ネタになるものは何でも使う。目をつり上げて、ライバル(の周囲、家族)のあら探しをする。奴らからすれば、盗聴器の一つや二つ、安い必要経費。

産業スパイ

 企業間の盗聴で意外と多いのが、FAXからの盗聴。見積書、研究開発データ、特許、トップ間の戦略・交渉。特に日本はこの分野での安全意識が低いので、産業スパイにしてみれば、仕事は簡単、(相手企業からの)報酬は抜群、とおいしい仕事がゴロゴロしているところ。皆さんの会社も、役員室、役員会議室くらいは定期点検をした方がよいですよ。

 
△前へ|▽次へ|▲トップへ

法 律


 日本の法律では、「盗聴器・盗撮カメラの販売、購入・設置」「盗聴波の傍受」だけでは罪に問えません。
盗聴器を設置するため部屋に忍び込んだら「住居不法侵入」、盗聴した情報を第3者に漏らすと「電波法」で、知り得た情報で脅す・ゆすれば「恐喝」、つきまとえば「ストーカー規制法」、裸の盗撮映像の販売は「わいせつ物陳列罪」と罪になりますが、現実に立証するのはかなり困難のようです。


 盗聴器・盗撮カメラが仕掛けられている確率は、交通事故と同様低いかもしれません。しかし、交通事故と違うのは、盗聴された側が全く救われないこと。今の法律では、泣き寝入りするしかないのが悲しい現状です。

>> 具体的な関連法律はこちら

 
△前へ|▲トップへ

盗聴器発見例


 以下は、実際に盗聴器が見つかった例です。

 CASE-1 コンセント

 近所の主婦仲問と、パソコンの話題で盛り上がったKさん、タコ足配線に悩んでいる、と漏らしたら、「3つ又コンセント、ウチに余っているから、使ってよ」と渡されました。使いはじめたのはいいのですが、数日して、奇妙なイタズラ電話が増えはじめます。ただのイタズラと言うより、自分の生活をよく知っているような…。ヘンだな、という思いは、ある日確信に変わりました。イタズラ電話の主は、なんとKさんがご主人を呼ぶときの愛称を知っていたのです。盗聴しかないと思い、すぐに調査依頼。調べてもらうと、盗聴器はなんと、あのときにもらった3つ又コンセントの中にありました。くれた主婦も、どうやら知らなかったらしいのですが…。


 CASE-2 ぬいぐるみ


 某企業のOL、Sさん。社内恋愛が破局を迎えた後、社外に新しい彼氏候補を見つけて、ちょっと元気が戻ってきました。そんなある日、社内で元彼氏にバッタリ。「久しぶり。これ、UFOキャッチャーで取った景品。あげるよ」と言われ、可愛らしいぬいぐるみをもらいました。もともとぬいぐるみが大好きなので、さっそく自宅のコレクションに加えたのですが…。
 数日後、とんでもないウワサ話がSさん自身の耳に。ストーカー?と思ったSさんですが、まず調査依頼。すると、例のぬいぐるみの中に盗聴器が仕込まれていたことが判りました。可愛いぬいぐるみに盗聴器なんて、ヒドい。Sさんは激怒し、元彼氏を問い詰めると、ついに自状しました…。


 CASE-3 電話線


 一人暮らしの女子大生、Tさん。いつも男女の友人を呼んで、わいわいと楽しんでは、そのままザコ寝する、お気楽な毎日。
 ある日、仲間の男の子から告白されてしまいます。Tさんは友だちとしてしか見ていなかったので、交際は断りました。すると、彼は狼狽したあげく、女友だちにしかしゃべったことのないTさんの男性観などを例にあげて、罵りはじめたのです。なんでそんなこと知ってるの?まさか、盗聴?すぐに電話機を調べたのですが、それらしきブツはありません。
 そこで盗聴器調査業者を呼ぶと、盗聴器は、電話機ではなく、モジュラージャック自体に取り付けてありました。以後、Tさんは、どんなに大人数でも男性を泊めることはやめたそうです。


 CASE-4 FAX


 地元で堅実な仕事を続けているS運送。バブルがはじけ、かねてからの顧客はどこも台所は火の車。古いお付き合いというだけでは仕事が来ないご時世です。仕事をもらうには見積金額が何より優先されます。
 しかし、最近ライバル会社がS運送の営業先に、決まってS運送より2万円安い見積額を提出していることが発覚。このままでは会社の存続が危ぶまれると、盗聴器調査業者に相談。すると、安全と思われていたFAX機から盗聴器が・・・。S運送では、よほどの大口受注でない限り、見積書はFAXで顧客に送っていたとのこと。そのFAXからのデータが盗まれていたのです。担当者は安全だと思っていたFAXから情報が漏れていたとは、とショックを隠しきれない様子でした。


△前へ|▲トップへ

blunk